Event

イベント

2018.2.5

映画と浪曲ライブ「国定忠治の巻」主催:高崎映画祭協力:ユーロスペース + 大分シネマ5

若者よ、涙をしぼりとられるとは、こういうことだ! 日本映画の黎明期、多くの映画の原作となったのは小説やマンガではなく、講談、浪曲、落語など語り芸の演目だった。それは日本人の魂であり、ラップであり、教養だった。

若者よ、涙をしぼりとられるとは、こういうことだ!

日本映画の黎明期、多くの映画の原作となったのは小説やマンガではなく、講談、浪曲、落語など語り芸の演目だった。それは日本人の魂であり、ラップであり、教養だった。

浪曲 「金魚夢幻」(新作)時空を超えた金魚の恋
映画 『唄祭り赤城山』
休憩(5分)
浪曲 「忠治山形屋」(古典)その後の忠治

『唄祭り赤城山』

監督:深田金之助 出演:近衛十四郎/品川隆二 1962年/1h09/東映京都

国定忠治と忠実な子分・板割の浅太郎との数奇な運命を、村田英雄や藤島桓夫の歌に乗せて人情味豊かに描いた「浪花節映画(節劇)」。

浪曲師
玉川奈々福
(たまがわ・ななふく)

曲師
沢村美舟

  • 日時
    3月31日(土)
    12:30開演(14:50終了予定)

    11:30受付開始、12:00開場 ※申込番号順でご入場いただき、全席自由席です。

  • 会場
    高崎電気館
  • 料金
    大人2,500円 学生1,500円 高校生以下1,000円
  • 申し込み
    高崎電気館地域活性化センター
    TEL 027-395-0483(電話受付は毎日10時から19時まで)
  • 申込期間
    2月10日(土)より電話にて受付開始 〔事前申込制/全席自由〕
  • 定員
    *定員(250名)に達した場合、当日券の販売はございません。

申し込みは高崎電気館地域活性化センターまで TEL 027-395-0483(電話受付は毎日10時から19時まで)


TOP

TOP